· 

♪ トッポ・ジージョッ ♪ と 啼くウグイス

 清々しい高原の朝。荘川町六厩の女滝湿原でギフチョウの舞を待っていると、小鳥たちがそこかしこでさえずっている。

 と、その中に、どことなく呂律(ろれつ)の回らないウグイスがいる。「ホケキョ」がうまく言えずに「ホケッケキョ」と噛んでいるように聞こえた。それも1羽だけでない。この地方の訛(なま)りだろうか、などと雅恵と冗談を言っていると、ふと「トッポ・ジージョ」と言ったような気がした。空耳か?

私 「今、『トッポ・ジージョ』て言わなかった?」

雅恵「言ってないわよ」

私 「絶対言ったって」

雅恵「言ってません!」

でも、刷り込まれてしまったのか聞けば聞くほど「トッポ・ジージョ」に聞こえるので、動画で録音してみた。

 今、改めて再生してみると、やっぱり「トッポ・ジージョ」に聞こえる。それにしても昔の人は「ホケキョ(法華経)」と啼く信心深い鳥としていたのに、「トッポ・ジージョ」じゃあ軽すぎだよね。

 お願い:録音レベルが低いため、音声を最大限大きくして視聴してください。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    れいこ (金曜日, 27 4月 2018 17:36)

    そうそう、そうなんです❗トッポジージョって聴こえます�ウグイスだったんですね�ずっと何の鳥の鳴き声か知りたかったんです����