ネコ

ネコ · 20日 8月 2016
 いつの頃からか、ミミ(雌猫。14歳)は、ときどきテレビを観るようになった。観るといってもほんの一瞬の場合も多いが、画面の中に猫が登場していると明らかに関心の度合いが違う。...
ネコ · 25日 10月 2015
 いまから14年前、ミミを動物愛護センターからもらってくるよりひと足先に、わが家にやってきた猫がいた。愛護センターの「子猫を差しあげる会」に参加する1週間前、猫を飼うのに必要な物を買い揃えておこうと立ち寄ったペットショップで、思いがけないものを見つけた。可愛い子猫のケージに張り紙がしてあって、「可愛がってくれる方に差しあげます」とある。アメリカンショートヘアかと見まごうほど可愛いその子猫は、店員に聞くと捨て猫で雑種だという。
ネコ · 03日 10月 2015
 「猫の部屋飼い(1)」に対して徘徊老人さんからいただいたコメントを読んで、私自身、猫の部屋飼いに関して大事なことをひとつ自覚していないことに気付いた。...
ネコ · 19日 9月 2015
 前回のブログ「猫の部屋飼い(1)」に対して、徘徊老人さんからコメントをいただいた。リンパ腫を患っていた愛猫が、死に目に会いたくなくて1か月以上も家に戻らなかった徘徊老人さんの帰りを待ちわびていたかのように、帰宅した日の夜中に逝ったという。...
ネコ · 12日 9月 2015
 わが家には「姫」が二人いる。一人は雅恵で、もう一人は三毛猫のミミ。今年の秋でもうすぐ14歳におなりあそばされるので、押しも押されもせぬ熟女(老女か?)である。動物愛護センターでもらってきたから、出自は正真正銘「血統書付きの野良」というところ。...